〜©日本ピンサロ研究会〜

FKK「Sharks」(ドイツ・ダムルシュタット)Ver.22

by ヤマヤマ氏


こんにちは、海外本部 第3遠征調査隊 隊員のヤマヤマです。ドイツからの投稿、第55報目です。

【行き方】
Sharksは、Darmstadt駅からタクシーで10E前後です。帰りのエコノミーホテルIBISへは8E弱。

【調査概要】
File 0118
Title: Diの秘密
日時: 2016年5月
店名: Sharks
場所: ドイツ フランクフルト
業種: FKK
URL: http://www.fkk-sharks.de/
調査時間: 14時間(勤務時間は30分/姫*6姫+60分/姫*2姫)
調査費用: 50E+50E*10=550E

【お店】(★★★★★)

Oase近くのスーパーREWEで買ったニベアがどうもおかしくて、付けるときに泡が出るし、敏感肌用なのに、少しヒリヒリするし、肌荒れは一向によくならないし、むしろ悪くなっていく。ネットでよく調べれば、クリームでなく、ソープでした。ということは、丁寧にも1時間に1回ソープを顔、足、手に塗り込んでいたのでした。ソープなんだから、敏感肌用でも、荒れた肌にはヒリヒリするのは当たり前。ともかくも全部を洗い流して(Mainhattanから帰った朝3時には熱いお湯は出ませんでしたが、なんとか我慢して洗い流しました)、日本から持ってきた、残り少なくなったニベアを塗ります。そして、蒸しタオルとニベアを併用すると肌荒れに良いとの記事もあったので、朝、暑いお湯が出てきたので、蒸しタオル治療もします。この治療を続けていると、なんとなく楽になってきました。

ともかくも本当のニベアクリームを買うために、Frankfurt中央駅付近のスーパーREWEを当たりますが、駅前店だからでしょうか、食料品しか置いてないです。ドラッグストアにもニベアはない。で、9時過ぎの早い電車でDarmstadtに向かい、9:25着。駅前のREWEを探せば、丸い容器に入ったニベアクリームがありました。Oaseの近くのホテルでもこの丸い容器のニベアはあったのですが、新しいもの好きのヤマヤマ、つい、違った容器、違ったラベルのもの、ソープを、ドイツ語もわからないくせに買ってしまったのですよね。

DarmstadtのホテルはIBISで朝10時でもチェックインできました。ラッキーです。ツインの奥部屋で、暖房のスイッチの入れ方が、いまいちわからず、Sharksから帰ってきて寝るとき少し寒かったです。部屋では、Sharksに行く前に、ホットタオル療法とニベアベタ塗りを2、3回やって部屋を出て、Sharksへ歩いて出勤です。途中、定宿だったホテルPallasを覗けば、人気(ひとけ)がありません。改装工事中なのか、ホテルを止めたのか不明です。今日は朝ビールを飲んでないので、Pallas下のスーパーREWEでビールを買って、ホテルIBISで飲むか、でもホテルまで戻るには遠いので、お店を探すかしていると、Sharksの隣にレストランがありました。昼食を取っている人が多かったですが、ヤマヤマはSharksでランチが取れるので、ビールだけ。ビールは2種類あって、白ビールであることを願ってカラフルな方を選びます。1.8Eでした。

はずれ。

あまりにフルーティーなビールでした。明日は、普通のピルスナーを買います。

IBISホテルからSharksまで歩くと20分前後、帰りのタクシーは7.8E。でも、毎回10E渡して、釣りは「取っておけ」です。

12時にSharks到着。

水曜日なので、客寄せ価格で、通常の65Eがディスカウントです。20Eオフの45Eと思っていたのですが、50Eでした。日曜のハッピーアワーと同じか・・・。うん?

Sharksの設備は、夏に向け、屋外の工事はほぼ終了。エアコンは付いてませんが、ヒュッテ(小屋)が10棟以上はできています。また、プール回りのサマーベッドも整備。ロッカールーム内の工事も終わり、新しいシャワー室もできました。2階の部屋のシャワー付きの部屋も、シャワーが使えるようになったようです。ジャグジーはふたつありましたが、一つになってしまいましたが、最近の情報では、2階のプールをジャグジーにするそうです。

ランチを食べて、連絡しておいたDiを探すも、定位置にいません。もう取られた?ラウンジを探索すれば、Silvanaおばあさんはいました。Silvanaは朝11時出勤で、最後5時までいます。そのバイタリティーには敬服しますが、部屋に行く気にはなりません。怖いもの見たさにもなりません。La情報ではSilvanaは貯金もたくさんあるのに、まだこの仕事を続けているのが不思議だと。推定年齢は日本では前期高齢者に仲間入りの65歳です。黒髪のDariaも定位置のバーのキノ側にいました。働きもののInaも朝からいます。Inaはもともとガタイが良かったのですが、半年見ないうちに更に、良くなったようです。Inaと目が合えば、挨拶をするのですが、目が合わず(合わせず)、挨拶はしませんでした。Miaもいました。後で、Miaに会ったとき、3回もハローと言ったのに無視されたと叱られてしまいました。でも言い訳をさせてもらうと、その時は違う姫と話していたんですよ。Luluも定位置のバージャグジーへ通じる階段側にいました。

水曜日は入場料も安いので、お客も多くなり、それを狙って、姫たちも多く出勤します。その反動が金曜日前日の木曜日で、姫達のラインアップは少し弱いです。今日の姫達は、20cmの息子を持つフランス人Siriojaおじさんの好きなMegan、元WorldのPa、ブルガリア出身のAnabella(食堂でブルガリア料理の話しをしてくれて、その後、ラウンジで探したのですが、売り切れ状態でした)・・・。今日のトピックスは、Diがヤマヤマレポートの読者であることが判明したこと、そして出血、元World姫たちとの同窓会、なぜかめがねを掛けていたCindyの誕生日、Cosminaのマダム化(でもポールダンスはできていますから、すごいもんです。Cosminaの弟子がIvyで彼女もポールダンスができます)。

Sharksの姫のひとりはヤマヤマの顔を触って、「なにこのクリーム?」と驚いていました。ほっておいて、92負け対策でんねん。

1) Gn: 1240-1302(50E、8分はチップ)

ポールダンスステージ前のソファに座って、長いブルネットの女性に話しかけます。

Gn:Stuttgart在のドイツ人、165cm、顔長美人、ナチュラルCカップ、ウエストも綺麗、本当はブロンドだけどブルネットに染めているとか(女性は時々髪の毛の色を変えたくなるのよね)、21歳、Sharksは1年で週に2〜3回出勤。お金が欲しくなったり、エッチがしたくなったら、車を飛ばして、Sharksにやってくるそうです。Stuttgartの友達はMadyだそうで、次のターゲットです。StuttgartのFKKパラダイスはSharksより設備も大きく、女性も100名いるそうですが、さすが地元は知人も来るので、わざわざFrankfurtまで来るそうです。Frankではメッセでバイトもするとか。Gnは異常なほどタトー好きです。意味なくタトーを入れてます。右腕にはパンサーが彫られてますが、パンサーには見えず、ドラゴンみたいです。背中には、男性の骸骨の頭。そう言えば、Aureliaの背中にも男性のスカルがいました。いまの流行りなのかもしれません。右足首にはパイナップル。本人曰く、意味なく入れただけ。Sandraと同じドイツ人で、Sandraはエッチ好きですので、勝手にGnもエッチ好きと決めて、部屋を決めます。

「Gnは朝食取ったの?」

「まだ。食欲ない」

「じゃあ、運動して、お腹を空かさない?」

「部屋での運動なら、もちろん、いいわよ」

「部屋でキスしてもいい?」

「もちろん」

「30分でもいいの?」

「もちろん。キスは大好き」

Oaseの流れで、キス付きは1時間からとつい考えてしまったのですが、ここはSharks。30分50Eでもキス付きがスタンダードでキス無しは例外です。昔はOaseもそうだったんだよな。今のOaseがいけない。

部屋に入れば、キスキスキス。お口にキス、胸にキス、太腿を開いて、プッシーにキス。でも口の周りが荒れているので、92に無理せず、舌で舐めるだけ。口唇に負担のかかるクリ舐めとか、ベロベロ舐めは極力封印です。舐めながら、指を入れても抵抗は全くありません。Gスポット刺激92で直ぐに大きく逝ってくれました。で、合体しようとゴムをもらうと、バックのご提案。でも、美人なGnを見ていたいので、正常位からをお願いします。正常位足上げ、足折れを試しますが、それほど感じてくれず、CAT(Coital Alignment Techni
ue)へ。CATは感じてくれました。CATをしながらの正常位密着では、途中腰を引かれて、息子が外れそうになれりましたが、息子をGnの腰の動きに合わせると、大きく逝ってくれました。途中、背中を爪で引っ掻かれたのは、勘弁。そして時間を聞けば、定番のあと5分。で、生フェラをしてもらいます。ヤマヤマには少し強過ぎます。で、時間前ですが、終わり。時間前ですが、部屋に行く前のソファで結構な時間おしゃべりをしていたのでOKです。そのソファでお話ししている時、Miaが「おはよう」と声を掛けてきたんですよね。ごめんね、無視して。ソファでは、Gnの将来の夢も聞きました。子供は3人欲しい。長男と双子の妹。きちんと家族計画ができています。また、部屋で一番いいことは、エッチではなく、ハイヒールが脱げることだそうです。FKKでは20cmのハイヒールを履くことを義務付けられていますが、かなり姫の負担になるようです。「ハイヒールを脱ぎたい!」は、みんなが言っていました。でも、ハイヒールを履きながらのエッチをしたい客もいるようで、姫泣かせです。でも、Ellizは自分でハイヒールを履いたままエッチをしてくれました。少しステレオタイプの記述ですが、Sandraといい、Gnといい、ドイツ娘はエッチ好きです。また、ソファでの話しも時間を気にせずしてくれます。ステレオタイプですね。

【姫様】(★★★★★)
タトー苦手には厳しいかもしれませんが、ヤマヤマはもうタトーに違和感無しです。

【プレイ内容】(★★★★★)
大きく2回逝ってくれました。次回は、Sandraのように10回を目指します。

2)Di: 1330-1425 (100E)

Diには訪独する前にメールを入れておいて、今週はいるよとのことで楽しみでした。今日も出勤前に入れておいたのですが、昼には出勤しているはずのDiが定位置(レストラン側のバー)にいません。Gnとの後、お昼寝をしようとしたら定位置に発見です。でも、他のお客さんと話しています。話しかけるわけにはいかないので、手を振ることなく、目を合わせることなく、ある意味無視して、黙って隣に座ります。

「ヤマヤマさん、こんにちは!」

「おー、Di、お久しぶり。でも、お客さんいいの?」

「いいの、いいの。部屋に連れて行ってくれるわけじゃないし。ゴメンね、出勤が遅くて。昨日遅かったので、今、来たところ。タバコ吸っていた。部屋に行く?」

実は、少し昼寝をしたかったのですが、誘われれば、部屋に行くしかありません。

「もちろん。そのためにここに来た。でも、少し、待っててくれる?トイレ行って、シャワー浴びてくる」

「いいわ。待ってるわ」

最近はマカにも凝っていて、FKKも長期戦になると、段々とやる気が失せてくるので、マカでやる気を補充です。息子を立たせるのはシアリスで十分なのですが、シアリスも興奮しないと作用してくれません。女性の裸を見て興奮するための何かが必要です。FKKも夕方前であれば、十分興奮して息子も大きくなってくれるのですが、夜も遅くなってくると、女性の裸を見てもどうでもよくなってくる時があります。その防止として、マカを飲んでいます。まあ、マカは気分的なものだと思いますが、マカを飲むと、やる気が出てきます。で、今日一服目のマカをDiとの一戦に飲みます。1時間フルの長期戦になっても、負けられませんから。

Diと行った部屋は、2階の一番奥の、新しくできたシャワー付きの部屋です。Diが好きな部屋とのことです。今はシャワーも使えるようです。でも、シャワーを使うと水が散って、水浸しにならないか心配です。シャワーを浴びながらのエッチも興味がありますが、これもエキストラ50Eでしょうか。女性は髪の毛も濡れるし、化粧も落ちるので、シャワーの後の髪の毛の乾燥や化粧のやり直しが大変そうです

部屋は悪くないのですが、太陽の日差しが明るすぎます。ヤマヤマのお口の周りは92は負けでかなり荒れています。Diが気づいて、性病かなにかと思われると不味いです。で、なるべくDiを直視しないようにします。

「ヤマヤマさん、時間はどうするの?30分?」

「いつも1時間じゃん」

「そうだったね」 Diとの一戦では、恋人同士になるために、まずはマッサージからです。本格的なマッサージは終盤戦に取っておくことにして、首、肩、背中を軽く揉んであげて、表に返して、口唇へのキス、胸へのキス、全身へのマッサージとキス。焦らしてから、枕を尻下に入れて、舌でぺろぺろです。92負けに悪いとは思うのですが、舌でのぺろぺろだけでなく、ヤマヤマの唇でクリ吸いも始めてしまいます。いい声を出してくれますが、今日は直ぐには逝かないようです。Diは早い時は1分の92で逝ってしまいます。92では逝かないかもしれないので、指で加勢します。でも今日はなかなか行きません。でも、続けても、逝くところまでは到達しませんでした。が、9合目までは登ってくれました。最後の1合を制覇するために、指2本でGスポット攻めです。

「あーん」

逝ったような感じですが、いつものDiの逝きではありません。

「ヤマヤマさん、気持ちいいよ。もう少しで逝けたよ。Diのマッスルのせいで逝けなかったと思う」

Diのマッスルで逝けなかったと言われても、その仕組みがうまく理解できません。もう少しのところで逝けたのだけで、諸事情で逝けなかったのでしょう。なんとなく、92はもう終わりよ!とのDiの命令が伝わってきたので、指を出して

「次は、ファックだよ」

「いいわよ。さっきは惜しかったからね、今度は一緒に気持ちよくなろうね」

枕下正常位は、足上げから始めますが、今日のDiは密着正常位の方が感じるようです。でも逝く気配はありません。美顔が見れるので、正常位は好きなのですが、今日はヤマヤマの口の周りに92負けがあり、あまり目を合わせられません。Diに逝く気配が沸いてこないからでしょうか、ヤマヤマも段々疲れてきました。

「Di、また、プッシーにキスさせて」

「いいわよ」

Diのプッシーから息子を引き出すと、先っちょが少し赤いです。

「ヤマヤマさん、ちょっと待って」

「何?」

「オー・マイ・ゴッド!生理が来たかもしれない。オー・マイ・ゴッド!今度の日曜日に来るはずなのに、来ちゃったかも。オー・マイ・ゴッド!いつもは正確なのに来ちゃったかも。オー・マイ・ゴッド!ヤマヤマさんのディックがDiの子宮を突いたから、来ちゃったのかも。オー・マイ・ゴッド!」

「いいよ、いいよ、生理ぐらい」

「オー・マイ・ゴッド!だめよ、だめよ。オー・マイ・ゴッド!とにかくゴムは外すね。オー・マイ・ゴッド!ヤマヤマさんのお口は大丈夫?うん、血は付いてない。ベー、って舌を出してみて。うん、舌にも血は付いてない。指を見せて。OK。ヤマヤマさん、少し待ってて。シャワー浴びてくる」

Diはヤマヤマの点検を終ると急いで、部屋を出て行ってしまいました。残された、ヤマヤマは血の着いたシーツを洗濯籠に放り込んで、新しいシーツを敷いて、ベッドの上で寝て待っています。時間を確認すれば、30分経過。

今日のDiは少し変でした。いつもですと、92とエッチで逝ってくれるのですが、今日はマッスルがどうとかで逝ってくれませんでした。生理が影響していたのでしょう。でも、よく、生理が来る前は、エッチをしたくなると言いますが、エッチをしたくなるのと、逝くのは別もんなのでしょう。

Diが戻ってきました。

「ヤマヤマさん、ごめんね。生理が来ちゃって。でも、スポンジ入れたので、エッチもできるよ」

「スポンジ?」

「そう、スポンジ。海綿。出血しても吸ってくれる」

「膣に入れているの?」

「そうよ」

「でも、漏れたりしないの?」

「時々、交換するので平気よ」

スポンジの詳細は聞く気になれませんでした。大きさはどうで、毎回交換するのか、洗って再利用するのか、何時間に1回替えるのか、どうやって取り出して、どうやって再挿入するのか・・・

実は、このあと、大塚のトキメキ姫にスポンジの話しをしたところ、その姫も使ったことがあるとか。入れ方、出し方にコツが要るそうですが、慣れれば、簡単だとか。出し方は、シャワーからのお湯(可能であれば、シャワーヘッドを外してホースだけにして)を膣に入れて、海綿にお湯を吸わせて、重くさせて、ピョンピョン跳ねれば、出てくるとか。後は、お湯で洗って綺麗にして、絞って、再挿入だそうです。これができれば、生理の日も休まずに仕事ができます。

「ヤマヤマさん、お願いがあるんだけど」

Diからのお願いと言えば、またお土産のおねだりでしょうか、チップでしょうか。

「今日のこと、生理のこと、フォーラムに書かないでね」

「フォーラムって?」

「ヤマヤマさんが投稿しているやつ。Diのこといつも書いてるじゃない」

「えー?」

やばいです。投稿者とばれると、これから、部屋に誘っても断られるかもしれません。

「ヤマヤマさんは、Diのこと、FKKワイフとか書いてくれてる」

「知っているんだ」

「いつも読んでいるよ。読まなくても、お客さんがDiの記事のこと教えてくれる」

「もちろん、今日のことは書かないさ。Diのいい所しか書かない」

「約束だよ、お願いだよ。いいことはたくさん書いてね。でも生理のことはだめ」

「OK」

「Diはね、ヤマヤマさんが他の女性とやっている記事も読んでるんだ。すごいね。でも、生理の話しはだめだよ。それから、前話した、Elliのヒモのことも書いちゃだめだよ。Elliまた戻ってSharksで働いてるんだから」

「了解」

Diの言う、フォーラムはISG(International Sex Guide)のことです。ヤマヤマは、そこには、速報版を翌日には入れています。ですから、姫の方も投稿者を特定する気になれば、すぐにできます。でも、知らなかった、Diがヤマヤマのレポートの愛読者だったとは。でも、Diがヤマヤマが投稿者であること言ってくれたのは、今日が初めてです。前から、投稿者と知って、お付き合いしてくれていたのですね、少し安心。

血まみれプッシーを舐める気にはならないので、Diにマッサージをしてあげます。15分間。そして、お返しに、Diからのマッサージを受けます。

「Diのマッサージ気持ちいいよ。どこかで習ったの?」

「Diはハンガリーでは、ビューティー・セラピスト。セラピストでも、マッサージは必要なのよ。だから、学校で習った」

「とても気持ちいいよ。ありがとう」

「今ね、Diの妹もSharksに来ているの。父親違いの妹。よかったら、3Pに誘ってね」

「Diね、明日も来るから、よろしくね。今週は、日曜日には妹のNicolettaとハンガリーに帰るの。だから土曜日までだよ」

「もちろん、よろしく」

Diとの再会でよかったのは、太っていなかったこと。Cosminaはデブになったとの噂を聞いていましたので、Diも心配したのですが、心配のし過ぎだったようです。Dianと別れてから、バーでDiの隣に座っている、Nicolettaを見たのですが、ウエスト回りに少しお肉があります。また、美人度もDiに劣るようです。Diは透き通る美しさがあります。でも、Nicolettaを1回は部屋に誘ってみたいですが、Diと一緒だと誘いにくいです。3Pを提案されると思いますので。でも、今日は、Nicolettaだけ座っている機会がほんどなく、誘えずじまいいでした。

DiはNicolettaを妹と紹介してくれましたので、なんとなく顔が似ているかなと思ったのですが、ISGでは、Nicolettaに確認したところ、姉妹というのは大嘘で、姉妹の3Pは商売上売りになるので、姉妹と称しているとか。ヤマヤマとしては、どっちでもいいです。美人な姫とエッチができれば、姉妹でも、姉妹でなくても、どっちでもいいです。でも、3Pはあまり面白くないです。一対一の対戦の方が好きです。

「Diは、俺の書き込みを読んでくれているんだよね」

「そうだよ」

「他の女性も読んでるのかなー?」

「#$%&#%&」

教えてくれませんでした。

ところで、ISGには生理のことはもちろん書きませんでしたが、”periodic”という単語は使わせてもらいました。気づいたかなー?

Diと話せば、なんとピルは飲んでいないとのこと。ゴム破れとか、何かあったらアフターピルを飲むそうです。ハンガリー人にとって、ルーマニア姫は汚い、病気持ちとの偏見も持っています。最近は、現地通貨を集めているとのことで、ヤマヤマにも円の紙幣をねだってきました。

【姫様】(★★★★★)
ヤマヤマのSharksでのワイフです。

【プレイ内容】(★☆☆☆☆)
逝かせられませんでした。

3)Ye: 1620-1645(50E)

Cosminaグループの定位置になったポールダンス前のソファに美人な姫を発見します。

Ye :乳首にピアスリングを付けたヒモドレスのセクシー娘です。22歳、長いブルネット、小麦色、Cカップ、ウエストも綺麗な160cmです。日焼けサロン好きとのことで、そのせいか小麦色が濃いです。ヒモドレスはセクシーで、脱がすのも簡単ですが、着るのはどうなのか、つまらないことを考えてしまうヤマヤマ。足を入れるとき、足の指がドレスの網になった部分に引っかかりそうで、何回も指を外さなければいけなくなり、フラストレーションが溜まりそうです。ソファでの会話では、30分でキス付き、92付きを確認してしまいます。Oaseの後遺症でしょうか。YeはもちろんOKでした。前のGnもOKだったので、ランダムに選んだ2人でOKだったので、これからSharksの姫達には30分でキスOKかどうか、野暮なことを聞く必要がないようです。実際、聞かずに部屋に行って、はずれはありませんでした。部屋に行って、キスは50E追加と言われると、萎えてしまいます。始めから、心の準備をしておけば問題ないのですが、そうでないと、人の(ヤマヤマの)弱みに付け込んだ、押し売りかと勘ぐってしまうのです。美人な姫と部屋で二人。キスをもちろんしたい。でも50E要求される。ずるーい。まあ、仕方がないかで払ってしまうのが嫌なのです。楽しい雰囲気も台無しです。で、息子も萎える・・・。

Yeとの部屋では、先ずは口唇へキス、ベッドへ寝かせて、胸へキス。プッシーへは舌のみで軽くキス。口唇を使ってクリ吸いはまだしません。舌舐めで少し感じてもらって、92は92負けもあるので、長くはやらず、合体を提案します。

合体は、女性上位から。Yeが動くに疲れると、バックへ。Yeはバックが好きなのか、少し感じてきたようです。

正常位に移ります。正常位は密着です。でも、逝かないので、逝かすのは諦めて、Yeがやりたい言っていた、フェラをしてもらいます。

「ヤマヤマさん、お口で逝く?」

「1日中やっていても逝かないと思う。それでいいなら続けて」

「頑張る」

5分ぐらい頑張ったでしょうか。

「ヤマヤマさん、逝かないの?逝かなくていいの?時間延長する?」

「ごめん。少し疲れているみたい。今日は逝けない。また今度一緒に逝こう」

「疲れているの?じゃあ、ここで一緒に寝てあげようか。1時間一緒に寝てあげるよ」

何もせずに姫とお昼寝もいいのですが、少し金の無駄です。お昼寝なら、一人でできます。ヤマヤマのお昼寝の定位置はジャグジーのある2階の奥です。音楽がうるさいですが、慣れてしまえば、十分寝れます。たまに、デブ姫に睡眠を邪魔にされますが、それも愛嬌。

【姫様】(★★★☆☆)
Cosmina軍団の新入生です。

【プレイ内容】(★☆☆☆☆)
逝かせられませんでした。

4) Ja: 1720-1815(100E、5分はチップ)

お腹が空いたので17時のレストランオープンと共に夕食をしたかったのですが、やはり混んでいます。混んでいるので、空いてる席に無理に割り込むのも紳士じゃないし、で、食事は1時間後にして、姫を探します。その辺をうろうろします。定位置の貴重品ロッカー前のソファにJaを発見します。Jaファンクラブの連中は食事に行ったようで、Jaの周りには誰もいません。チャンスです。

「Ja、こんにちは。俺のこと覚えている?半年前に会った」

Jaは笑うだけで、返事をしてくれません。

「Ja、今、部屋に誘っていい?」

「Yes」

「1時間にするから、キスしていい?」

「ダメ」

「胸へのキスは?」

「軽くならいいわよ」

「プッシーへは?」

「軽いのなら」

「30分でもプッシーへキスいいの?」

「うん」

前回、Jaと部屋に行ったときは、口唇はおろか、プッシーにもキスをさせてくれなくて、いくらならさせてくれると聞いて、500Eなら考えるわと答えられ、次回は200Eは覚悟して、プッシーへのキスを期待したのですが、あっけなく、1時間であれば、OKとのこと。さらに、今日は30分でもOKですから、気分がいいのかもしれません。200E儲かりました。Jaのプッシーにプラス200Eの価値があるかは疑問ですが、Jaの逝く顔が見たかったのです。Jaの逝く顔が見えれば、200Eは高くありません。

部屋に行って、キスをしようとすると、前回同様、顔を背けます。もちろん想定内です。

「Ja、こんなのもダメ?」

ヤマヤマの口唇にヤマヤマの右手の人差し指と中指2本の先を触れて、Jaの口唇にその指2本の先を触れさそうとすると、それも拒否です。

「Ja、今日はJaがお客さんだからね。先ず、ベッドに座って」

ベッドにJaを座らせます。

「それじゃ、久しぶりだから、俺のディックにハローしてくれる」

Jaはヤマヤマの息子を咥えようとします。ヤマヤマは意地悪をして、お尻を後ろに引いて、Jaに咥えさせないようにします。Jaはヤマヤマの息子の先っちょにキスするだけです。

「Ja、ハローだけだよ」

「ハロー、マイ・ディック、ハーワーユー?」

Jaは笑って、挨拶をしてくれます。

「ありがとう。じゃあ、寝て」

Jaの胸へキス、お腹へキス、身体中を撫ぜまくり、キスしまくります。そして念願のプッシーです。指で広げようとすると、

「指はダメ。キスだけ」

Jaの初めてのプッシーです。無味無臭です。前回、キスをさせてくれなかったので、見学だけだったのですが、きれいなピンク色です。指は使えないので、舌を横に振って、プッシーを広げていきます。プッシーを下から、上に舐めます。プッシーを大きく右から、左に舐めようとすると、

「だめ。軽くキスだけ」

かなりの戦力ダウンです。指の加勢もダメ。舌でプッシーの周りを舐めまわすのもダメ。舌で下から上に撫ぜるだけです。クリの場所特定も難しいです。

前回のJaとの一戦では息子が挿入できたか、できなかった微妙なところでしたので、今回はその轍を踏むわけにはいきませんので、92を5分でやめて合体です。

「Ja、ファックしたい。ゴムくれる」

「はい」

ヤマヤマが自分でゴムを装着して、正常位でゆっくりと入れてあげます。ピストン運動もゆっくりです。Jaの温かい、締め付けるプッシーを2分間味わったあと92に戻ります。次は、Jaに気持ちよくなってもらう番です。

2回目の92では、息子を既にプッシーを挿入した後ですので、クリちゃんは露出していましたので、クリ攻め、クリ吸い、クリ舐めは容易でした。実は92負けが口の周りにできていましたので、クリ吸いは、姫の生え始めのチクチク陰毛の刺激が強く避けるべき行為なのですが、Jaを逝かすためには、92負けには負けてられません。プッシーの下から上へ、舌を使ってのストローク舐め、舌によるツンツン・クリ攻撃、口唇によるクリ吸い、舌でのクリ舐め、次々ヤマヤマの得意技を繰り出しますが、Jaの反応は全くありません。声も上げないし、よがり声もないし、息遣いも変わりません。多少の身体の反応は感じられるのですが、よがった感は全く伝わってきません。いわゆるマグロ状態です。この状態ISGでは、ヒトデと表現されています。日本ではマグロ、英語ではヒトデ。マグロは体は動かさないけど、泳いでいます。ヒトデは動くことすらしないのですよね。その点では、無反応姫はヒトデの方が適切かもしれません。そんなことを考えながら、92を継続していると、

「ヤマヤマさん、92はもう終わり。ファックしよう!」

中断宣言の理由がわかりません。よくとれば、感じてきたけど、逝きたくなかった。悪くとると、ヤマヤマの92は全然気持ちがよくない。あるいは単に疲れた。でも、ISGでもJaの92は時間限定と言われていますので、単に長時間の92が好きではないのでしょう。

「もう少し、92をしていたい」

「ファックして」

「了解」

無理強いは好きではありませんので、特に、Jaには嫌われたくないので、ゴムはそのままで再合体です。正常位の足上げ、足折れで頑張ります。でも頑張り過ぎて、Jaから文句が出るのは嫌なので、ピストン運動は静かに、ゆっくり、優しく、です。足上げ、足折れでも何ら変化はないので、密着に変わります。CAT(Coital Alignment Techni
ue)も意識しますが、変化はありません。

「ヤマヤマさん、バックは?」

「うーん。美人がJaを見ているのがいい。もう少し正常位で続けよう」

「いいわよ」

正常位では結局逝ってくれませんでした。

「Ja、今度はバックにしようか」

「いいわよ」

一般論ですが、バックは逝き難いポジションと思っています。Jaも例外ではありませんでした。

「Ja、ちょっと疲れてきた。休ませてくれる」

Jaのプッシーから息子を外して、一時休戦です。時間をみればここまで30分経過です。

「Ja、マッサージしてあげようか」

「してくれるの?うれしい。でもフェラはいいの?」

「フェラは今度でいいよ」

首、肩、背中とマッサージをします。腰、尻、足に移って、足の裏はくすぐったいようで、大きな声を出して笑ってくれます。表に返して、エロッチクマッサージ。わきの下もウイークポイントのようで、くすぐったがります。胸から、わきの下、側面、お腹、そしてプッシー。プッシーの指いじりは禁止されていますので、手のひらでマッサージです。手のひらのマッサージでは、ヤマヤマとしては満足がいかないので、タオルの上からプッシーをクリ中心に摘まみます。でもJaは全くの無反応です。結局、今日、Jaが「感じて」、声を出してくれたのは、足裏マッサージとわき下くすぐりだけです。

「もうそろそろ夕食かな。お腹がすいた。もう終わりにしようか」

「いいわよ」

「Jaは明日も出勤?」

「明日、木曜日も金曜日も出勤よ。土曜日まで出勤するから、また会ってね。5時には来るわ」

「でも、Jaはいつも男性に囲まれているから、声を掛けにくい」

「男性が周りにいても話しかけてもいいよ。お客じゃなければ、OK」

「了解、今度は、トライしてみるわ」

Jaは半年前に比べれば、英語が上達しましたが、まだまだです。でも、お仕事だけで、こんだけ、上達するのですから、すごいものです。

【姫様】(★★★★★)
Jaの顔、胸の形、ウエスト、プッシー、どれも最高です。

【プレイ内容】(☆☆☆☆☆)
ずーとヒトデ状態です。

5) Cy: 1835-1903(50E、2分はチップ)

Jaとの一戦のあと、シャワーを浴びて、18:20にレストランに入って、食事を選んで、先ずはラムを食べようとすると、プラチナブロンドの美人姫を発見。食事が終わって、レストランを出ていくところです。ラムも好きですが、ラムより美人なブロンド姫の方がもっと好きです。皿返却場所にお盆とお皿を返して、ブロンド姫を追っかけます。

Cy: 長いブラチナブロンドのルーマニア美人、153cm、Cカップ。ウエスト回りは少しお肉があります。黒のストッキングと黒のクレオパトラネックレスを着けています。Sharksは金曜日からで、その前はデュッセルドルフのクラブにいたとか。

実は、Cyとは午後イチに会って、挨拶をしているのですが、その後、ずーと見かけませんでした。忙しかったのかもしれません。レストランでは、Cyとは気づきませんでした。定位置は、キノとジャーマン・テーブルの間の植木の前に座っています。

「えーと?」

「Cyよ」

「そうそう。Cy。お昼に会ったよね」

「そうね。でも部屋には連れていってくれてないわ」

「食事してた?」

「今、終わったところ。ヤマヤマさんは?」

「あー、俺もレストランにいた。Cyを見つけたので、食べずに出て、追っかけてきた」

「なんだ。レストランで声を掛けてくれれば、待っていたのに」

「女性は待たせられない。部屋に行こうか」

「もちろん」

部屋では、キス、キス、キス。先ずは口唇に、ベッドに寝かせて、胸へ、お腹へ、そしてプッシーへ。プッシーへのキス、舌舐めで、早速感じてくれます。最初は、舌舐めのみのつもりですが、クリ吸いもしてしまいます。92負けのお口の周りにはよくないですが、つい、欲望を優先してしまいます。でも、クリ吸いで、自分のお口の周りをさらに荒らすわけにはいかないので、クリ吸いもそこそこにして、指入れに移ります。完遂。拒否はありませんでした。指でのGスポット刺激と、舌舐めで90%の逝きを3回ほど、体感しましたが、最後までは逝っていないようです。でも、ようやく、20分過ぎに、大きく逝ってくれました。始めから、30分コースのつもりでしたので、腕時計は外さずに、手首にしていたままでしたので、正確な時間が記録できました。逝ってもらっいましたが、余韻を楽しんでもらうために、指は直ぐ外さずに、ゆっくりと、舐めも継続しながら、離脱します。次は合体です。合体前に、Cyの胸やプッシーにヤマヤマの指が当たってしまうと、「アンッ」との反応。まだセンシティブなようです。合体して、正常位で、足上げ、密着メインで攻めますが、2回目の逝きはまだです。途中、アーン、アーンと鳴いてくれますが、これは演技。足上げ高速ピストンで頑張って、Cyも来て来て、ヤマヤマさん、一緒に逝こうとの演技ですが、二人とも逝きません。

「ヤマヤマさん、逝かなくていいの?」

「明日また、一緒に逝こう」

「でも、お口とかお手々でしてあげようか?まだ、数分は残っているよ」

「いいよ、いいよ。お腹空いたし、明日してね」

「じゃあ、明日また誘ってね」

「OK」

【姫様】(★★★☆☆)
ウエストがパーフェクトではありませんが、美人なプラチナブロンドは魅力です。

【プレイ内容】(★★★☆☆)
膣逝きはありませんでした。

6)Et: 2045-2111(50E、4分はチップ)

Cyとの一戦のあと、食べ損ねた夕食を食べます。レストランで、可愛い長いブロンド姫をまた見つけます。また、夕食途中で投げ出す?名前を確認すれば、Aurelia。えー、変わったね。半年前に会ったときは、キャットのメイクアップをしていたのに、今日は、ほぼ、すっぴんです。すっぴんもいいです。ISGで聞いていた、背中のスカルのタトーも不気味です。なぜ、こんなタトーをしたのでしょうか。精神的なプレッシャーから、魔物退治のため?Aureliaの友達はと言えば、Cindy。Cindyは大きな黒縁のめがねを掛けてます。今日は誕生日とか。食事を無事済まし、2階で昼寝を少しして、ラウンジに戻れば、Etがまた誘ってきます。今日何回誘われたことでしょう。悪い姫でないし、愛嬌もあるのですが、ガタイの大きいので、Etから甘えるつもりで、身体をヤマヤマに全部預けられると、体力的に少し厳しいものがあります。身体がもっとスリムだったら、毎回誘うと思うのですが。身体と言えば、Etはもともとガタイが大きいので、多少、ウエストにお肉がついても気付きませんが(もしかしたら、ウエスト回りが一回り増えたかも)、今日久しぶりに会ったCosminaはお腹周りがかなり気になります。もともとが痩せ型だったのですが、一気におばさん体型です。もともとが痩せていたので、余計目立ちます。今日のCosminaは、マッパでなく、網ドレスでした。少しでも体の線を隠そうとの必死の抵抗なのかもしれません。Cosminaを見て、Etと比べてしまうのは、さすがにCosminaに怒られてしまいますが。

「ヤマヤマさん、Etを全然誘ってくれない。嫌いになったの?」

と抱き付いてきます。抱き付かれたのも今日何回目でしょうか。

「お部屋に行こうよ。暇で死にそう」

「俺は少し疲れてるかも。いつもの60分でなく、30分でもいい?」

「もちろんいいわよ。お部屋に連れて行ってくれるのね。ヤマヤマさん、大好き」

現金なEtです。可愛いEtに頼まれれば、断るわけにはいきません。

暇で困っている姫を助けてあげる。チャリティーです。チャリティーファックです。姫との良い関係を維持するためには、必要なことです。

Etと行った部屋は、ジャグジーのある側の2階の穴倉部屋で、真っ暗です。コースは30分では、定番コースを選びました。横になって、先ずは、Etにフェラをしてもらう。Etはヤマヤマの足の間に座ってフェラをしてくれますが、お腹いっぱいなヤマヤマには、眠気が差してきます。

「ヤマヤマさん、ファックよ」

「あっ、OK」

少し、うとうとしたヤマヤマでした。

定番コースですので、女性上位から。ただ、今日の女性上位では、Etが自分の膝をヤマヤマの太ももに乗せてくるので、少し痛いです。体重が軽ければ、耐えられますが、おそらく70kg以上はある、Etでは痛すぎます。

「Et、少し、足が痛い。Etの膝が」

「ごめんね」

と言って、膝をおろして、Etが中腰になります。そうすると、Etが大変そう。

「ヤマヤマさん、バックとかする?」

「正常位がいいかな」

Etが疲れてきたみたいなので、体位変更です。正常位密着、そしてCAT(Coital Alignment Techni

ue)で攻めます。Etが多少感じてきたようです。息子を外して、92の開始です。指入れを試みますが、それはNGのようです。Etとは、もう何回もしてますが、指入れはNGだっけ?まあ、舌舐め、傷を背負ってのクリ吸い。そして大きく逝ってくれました。チャリティーファック成功です。その後、胸、クリにキスをしてあげれば、ピクピクと反応。まだ、センシティブのようです。時間を聞けば、残り10分。マッサージタイムです。Etの背中は広いので、マッサージのし甲斐があります。でも4分余らせて、マッサージを止めて、終わりにしました。Etも眠たそうでしたし、ヤマヤマも眠たかったので。

Cosminaと言えば、マダム級のデブ(絶対値で言えば、そんなにはデブではありません。昔のCosminaを知っていると、マダムデブになったという相対的な比較です)になり、髪の毛のブロンドで、丸めてお造りにしているので、余計、マダム風です。最初Evitaと一緒のところを挨拶をして、良ければ、誘おうと思ったのですが、ずーと行方不明でした。ネールサロンに行っていたとは、本人談。Evitaもスタイルは維持はしていますが、最初会った時に比べれば、お腹の周りにお肉がついてきました。でも、相変わらず、愛想がいい、アジア人殺しのEvitaです。Cosminaももうベテランの域に達したのか、Cosminaグループを引っ張っています。ポールダンス前に陣取るのは、Cosminaをバー側に、Evita、Yvitta、Aurelia、Cindy、そしてめがねを掛けたおでぶちゃん。Cindyのめがねは他人のではなく、本人のだったのですね。EtはCosminaグループには、入っていないようです。Cosminaの昔のルームメートだった、YraもArtemisでいないし、Rosaも見かけません。Cosminaグループはシャンパーン乾杯で盛り上がっています。誰から差し入れだったのでしょうか。

そして、Cindyの誕生日会。ハッピバースデーテゥーユーの歌と、CosminaとIvyのポールダンス。シャンパーンでの乾杯。ポールダンスが終わったあと、Aureliaを誘ったのですが2時間後と言われてしまいました。まだ誕生日会が2時間も続くの?それとも、Cindy、Aureliaのパトロンとの誕生日会が外で別途あるの?ともかくも、正式な誕生日会が終わると、CosminaとEvitaは手を取り合って、ハンティングにでかけました。ふたりに誘われたら、どっちを取る?最強のコンビだね。

【姫様】(★★★☆☆)
美人です。少しガタイが大きいので扱いにくいです。愛嬌もいいです。

【プレイ内容】(★★★☆☆)
疲れているのに、逝ってくれました。

7)La(旧WorldのBi): 2350〜0021

今日Laには何回か話しかけられました。垂れ目のスリムな長い黒髪ルーマニア姫です。Etとのチャリティーファックの後、少しお腹に入れて、2階でお昼寝して、ラウンジに戻って、サウナ入口前のソファに座っていると、彼女が抱き付いてきます。

「ヤマヤマさん、覚えているよ」

「俺のことを?ここで?」

「う、うーん。Sharksじゃない。World」

「World?えー、1年か2年前?」

「そのくらい前かな」

「なんか、思い出した。Worldに来たばかりの姫と、部屋に行ったような。名前は・・・」

「WorldではBi。SharksではLa」

「そうだそうだ、Bi。段々思い出してきた」

Biは垂れ目で可愛いのですが、顔が長くて、それほどは美人ではないので、話しかけられても、今までは、無視していました。でも、Worldでの1年半のことを覚えてくれていることは感激です。

部屋では、30分の定番コースで、Biの生フェラ、女性上位での合体。定番コースと書きましたが、フェラ→女性上位は誰にでも定番のコースなのでしょうか。ヤマヤマだけの定番なのでしょうか。定番と書いたのは、フェラから女性上位というのが、ヤマヤマにとっては自然な流れなので、みんなもそうなのかなと思っていましたので。もちろん、ヤマヤマが主導権を握る時は、姫の全身にキスをして、92をして、舌だけで逝ってもらい、次に、指入れGスポット刺激で2回目の逝き、そして、合体して(可能であれば、生で。でも、FKKでは厳禁です)、足上げでもう1回、さらには、足折れでも1回、あと流れにまかせて、どこまで頑張れるかです。Biとの一戦は、Bi任せです。でも、隣の部屋が、アーン、アーンとうるさいです。こうなるとヤマヤマも負けてはられません。Biが静かなこともありますが、その分ヤマヤマが頑張ります。隣のアーン、アーンに対抗して、Biを上の乗せて、ヤマヤマがよがります。

「Oh, my God. Oh, I’m coming, I’m coming. Fuck me, fuck me, my baby. Oh, so good. Keep fucking me, my baby!」

ヤマヤマがよがれば、Biも合わせて、よがってくれます。ポルノ映画のような、男女共演です。

もちろん、二人とも演技ですので、逝くはずがありません。テイク1の女性上位ではBiにも頑張ってもらいましたが、次は、正常位です。テイク2の正常位でも、Biとのアーン、アーンの競演です。正常位では、お互いの顔の位置が近いので、大声でよがり、Biに耳鳴りを起こさせては、不味いので、よがる時は、顔をあげて、隣の部屋に向かって、よがります。テイク3はヤマヤマ得意の92です。この場面で、Biに本当のよがり声を出させられるかが、ヤマヤマの腕の見せ所です。舌で舐めて、92を舐めて、しゃぶってあげます。反応があまりないので、指を入れます。

「No fingers, please」

指を入れたらBiに怒られてしまいました。やむなく出します。あとは、お口での攻撃のみです。92を続けていると、ガクンとの身体の反応がありました。95%程度の逝きでしょうか。最後までは逝っていないようです。92も続けます。反応はあまりありません。正常位に戻ります。また、アーン、アーンの競演です。

「ヤマヤマさん、あまり時間がないかも。逝かなくていいの?」

「あと何分ぐらい?」

「10分ぐらいかな」

「じゃあ、お話ししようか」

Biとは家族のこと、友達のこと、お仕事のこと、いろいろお話ししました。Biはそれほど美人ではないし、今回も、前回のWorldで同様に反応も悪く、逝ってくれなかったので、3度目はないかもしれませんが、1年半前のことを覚えていてくれたのは、大勲章です。お客にとっては、姫は唯一ですが、姫にとっては、お客はワンオンゼン。ですから、今度、また誘われたら、ヨロヨロとお部屋に行ってしまうかもしれません。

【姫様】(★★★☆☆)
ヤマヤマのことを覚えてくれました。

【プレイ内容】(★☆☆☆☆)
またも逝かせられませんでした。

8) Pa=Ka(World) 0100〜0132

Laとのあとシャワーを浴びてラウンジに戻れば、ブロンドのスキニーな美人姫が目に留まります。

Pa:27歳(30歳との説もあり)、長いブロンド、モデル体型、ウエスト回り綺麗、胸はシリコーンでしたが、感触も不自然ではありませんでした。顔は美人ですが、少し長め、四角い顔です。話せば、Worldではあの有名な人気嬢Kaだったそうです。元WorldのLaとのあと、World同窓会、連荘です。でも、Worldでは、Kaとは部屋に行く機会がありませんでした。Kaの定位置は、ラウンジ入口に占めるAlina軍団の陣地とは正反対の出口のダンス台近くだったそうです。人気ものだったので、その席にいない時はお部屋。WorldでKaを見かければ、必ず声を掛けたはずですので、たまたまタイミングが合わなかったのか、あるいはKaがスタンバっていても、Alina軍団に捕まってしまったのか、どちらかだったのでしょう。Paはドイツに来て4年半。1年半前にWorldからSharksに移ってきたそうです。今までSharksでも話しをしてませんでしたので、本当、タイミングが合わなかったのですね。

お部屋に行けば、フェラは生かゴムかを聞いてきます。来年7月に施行される予定の法律では、セックス(含む、フェラと92)はゴム付きが義務化され、違反すると高額な罰金が男性に課せられるので、その法律への予行演習かもしれません。Mainhattanではほとんどの姫に聞かれました。Sharksでも聞いてくる姫が多くなったと思います。もちろん、ヤマヤマは生フェラをチョイス。

Paは人気嬢だけあった、フェラが上手です。女性主導の定番に従って、フェラの次は女性上位。Paが動くのが疲れたら、バック。バックの次は、ヤマヤマの好きな正常位。バックまでの経過時間は8分でした。枕尻下正常位で足上げから始めます。感じてくれています。シーツを掴んで、オーガズムを堪えています。

「I’m coming」

1回目の逝きです。下半身の収縮もありました。Paの癖なのか、逝くとき、手をベッドの背立てに伸ばして、押して逝ってくれます。次は、足折れです。

「I’m coming」

1回目と同じ、下半身収縮、ベッド背立て押しがありました。

足上げに戻って、3回目の逝き。足折れになって4回目の逝き。4回目の逝き時は、それまでは背立て押しは片手だけだったのですが、4回目からは両手押しになりました。途中のシーツ掴みもセクシーです。

少し疲れたので、息子を外します。するとプーとの音。

「ヤマヤマさん、ごめん。でもプッシーだよ。おならじゃないよ」

「ハハハ、いいよ、いいよ」

ヤマヤマのピストン運動でPaのプッシーに空気を入れ過ぎたのでしょう。

92に移ります。

「ヤマヤマさん、お口は嫌。ヤマヤマのディックで逝かせて」

Paのリクエストであれば、断るわけにはいきません。また合体して、足上げで5回目のオーガズムです。6回目を目指すべく、足折れで頑張ります。今度は少し時間がかかります。1回98%程度の逝きは確認できたのですが、なんとなく逝ってない感もあります。ピストン運動を継続します。逝ったようですが、弱いです。息子を外して92に移ります。

「ヤマヤマさん、くすぐったーい、舐めないで」

プッシーがセンシティブになったことが確認できましたので、オーガズムは6回と認定。15分で6回ですから、かなりの好成績です。逝くとの宣言と下半身収縮、背立てへの腕押しでPaのオーガズムはわかりやすいので好きです。

残り時間を聞けば、あと5分。マッサージをしてあげて、情熱的なキスをして部屋を出ます。

【姫様】(★★★★★)
スリムな美人はです。

【プレイ内容】(★★★★★)
6回逝ってくれました。

Francesca=Meganからは、8名の女性と部屋に行ったの?と当てられてしまいました。ヤマヤマの部屋行きの数を数えていたのでしょうか。あるいは姫同士のネットワークで情報交換をしたのでしょうか。前回会ったときは、Francescaだったのですが、休み中にその名前は取られて、今はMegan。MainhattanではSaraだったのですが、Saraが一番覚えやすいです。明日は休みで会えないので、今日、お部屋に行ってもよかったのですが、前回の苦い思い出が。30分92をしても、全く逝く気配がなかったのです。愛想もいいし、背も170cm以上でスタイルもいいし、美人なので、リピートはありなのですが、また30分以上の92を考えると、口の周りが92負けしていることもあり、次回にしてもらいました。

レストランでブルガリア料理を説明してくれた、Anabellaも気になりました。食事のあとAnabellaを探したのですが、見つけることができませんでした。気になる姫がいたら、食事も中断して、即、ゲットが一番いいですね。

昨日はOase姫のキスは50E追加に辟易して、Mainhattanの姫に感激したのですが、Sharksに来てみれば、Sharksの方が何十倍もいいです。今の時期、Frankfurt周辺の5大FKKでは、Sharksがベストだと思います。

タクシーに乗ってホテルに2時に帰宅しました。

駄文におつきあい頂きありがとうございました。

では、また。

 海外本部 第3遠征調査隊 先任隊員 ヤマヤマ (H28.11.20)

トップページへ

海外本部から補足事項
本店舗は他に, ヤマヤマ氏(H25.10.28)(H26.01.26)(H26.02.09)(H26.04.20)(H26.04.27)(H26.08.10)(H26.08.31)(H26.09.14)(H27.02.01)(H27.03.01)(H27.03.22)(H27.03.29)(H27.10.25)(H27.11.08)(H27.11.22)(H27.12.06)(H28.01.17)(H28.05.15)(H28.05.22)(H28.06.05)(H28.06.26), KG氏(H26.05.26), マリボック氏(H28.01.15), のんくん氏(H28.01.15) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜