〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「奥サマンサ」(すすきの)

by 呼塚の男氏


 こんにちは、呼塚の男です

 〜みんなが西へ行くのなら編@〜

奴「ユーユー、今度の西日本の御用納め行くの?」
ヨバ「その日は1直後の休みだね。行こうと思えばいけるんだけど、お金がねぇ」
奴「キミ貯め込んでるじゃない?家でも建て替えるつもり?所詮あぶく銭でしょう、行けばいいじゃん」
ヨバ「いや〜それがさ、このプランはどうでしょう?」
奴「ん?札幌?行きたいねえ。その日は…あ〜健康診断だ」
ヨバ「…………なんだ、それじゃあまた1人か」
奴「それにしても、西日本の御用納め行かないで、札幌行くからお金ないって事か」
ヨバ「そういうこと言わないの!札幌は毎年の恒例なんだから、時期変える訳にはいかないでしょ」
奴「そんなにススキノいい?何がいいの一体?」
ヨバ「ハレンチは安いしサービスいいし女の子かわいいし、言う事ないよ」
奴「なるほど、俺も行きたかったな」
ヨバ「それはそうと、最近は新垣結衣がいいと思うんだけど、どう?」

 今回の札幌、そう私は毎年10月に札幌に遊びに行っているのですが(諸説によると青函トンネルを18切符使用で行くという話もありますが、そんな酔狂なことを出来るほど私は自由人ではありません)、このときはかねてより行きたがっていた奴氏を誘ったのですが、彼は会社の健康診断がその日あり、抜けられないとの事。会社が決めた事は絶対であるこの会社は、たとえ健康診断であろうと予定を変更する事は出来ません。

 というわけで残念ながら、今回もまた私一人で札幌へと飛び立つ事になりました。沈まぬ太陽を読みながら乗る”国民航空”で札幌へ…と洒落込みたかったのですが、激安ツアーにあるのはもうひとつの”国内線のガリバー”のほうでした。個人的には相○沙希(サキ得割)と行く国民航空が…良かったのですが、2000円でも安く!の心情の私には、2000円以上高い国民航空を使用することはできませんでした。

 早速札幌に着くと、思ったほど寒くはありませんでした。なんだつまらん。この地はまだ日ピン的にそれほど盛り上がっておらず、地元メンバーも少なくて寂しいなと思いながら、バスにて市内入り。豊水すすきのの辺りでバスを降りると、すぐにススキノで楽しめます。私的に現在日本一の風俗地帯であるススキノへ、もうヨバまっしぐらということで。

 奥様即尺攻め! 奥サマンサ 電話:011-518-5688


 10時開店〜24時ラスト
         40分   50分   60分   70分
 10時〜12時   8000円 10000円 12000円 14000円
 12時〜20時   9000円 11000円 13000円 15000円
 20時〜24時  10000円 12000円 14000円 16000円

 3Pコース
         40分    60分   80分
 10時〜17時  15000円  23000円 29000円
 17時〜24時  16000円  24000円 30000円
 入会金0円、指名料1000円、土日祝は+1000円、各種オプションあり、ご新規様割引あり、航空券割引あり

 公式HP:http://www.sp-saman.com/

 場所:ススキノ内、ロビンソン百貨店からすすきの市場方面にあるき、市場の角を右へ曲がり、二つ目の交差点の角のビル地下1階
 場所地図:http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=43%2F3%2F3.61&lon=141%2F21%2F15.965&layer=1&sc=2&mode=map&size=l&pointer=on&p=&CE.x=536&CE.y=469

 〜お店に入ってみた〜
 本当はクラーク夫人に行こうとしていたのですが、焦るがあまり同じ奥様系の奥サマンサをクラーク夫人と間違えて入ってしまいました。アホです。猪突猛進といわれた往年の私の勢いが戻ってきたんでしょうか。あんまりにも勢いがありすぎ、地下1階へと続く階段を降りながら転んで負傷してしまいました。椎間板ヘルニアと診断された私の腰が悲鳴を上げていましたが、それよりも風俗だといわんばかり、痛みに耐えてお店へと入っていきました。

 幸いにして店舗入り口から死角になっていたところで転んだため、店員氏にバレることなく入店しました。もしバレたら「お客様!お怪我はありませんか!?」といわれて恥ずかしい思いをすること確実です。それで割引でもしてくれるならいいのですが、ただ騒がれるだけなので見つかりたくなかったんですよね。それだけ接客には力を入れているお店で、今回も非常に親切丁寧な接客をしてくれました。ご新規様割引を使い(本当はグループご新規ではありません、ゴメンナサイ)、更に航空券割引(4日までの新千歳or丘珠空港の航空券の半券があればOK!)も併用でき、あわせて1500円の割引、平日なので 8000円だったのが6500円で入店する事が出来ました。私がススキのマンセー!な理由のひとつとして、このお値段の安さがあります。他地域で他グループでここと同じだけのサービスを受けるならば、40分でも12000円は確実にかかりますから、それこそ半額のお安さです。

 〜待合室やらプレイルームやら〜
 待合室は、病院の待合室よりも更にきれいで清潔なイメージです。蛍光灯が眩しいくらいに明るい待合室は「ハレンチ式待合室」と言われているとかいないとか。逆に風俗の胡散臭い部分を完全に排除した待合室なので、初心者には安心ですが、なれていると胡散臭さもある種の魅力になるところが、そうならないというのがこのグループの唯一の弱点です。埼玉のニコルさんやるねぱぱさんなど、ディープな風俗ファンからしたらそれだけで敬遠されてしまうようなところも、実はあります。

 ここで問診票のようなものを書かされます。楽しくプレイするために必要な事なので、ここで恥ずかしがったりめんどくさがったりすることなく、きちんと書くとよいです。このお店はどうやら即尺があるようで、それも希望プレイの選択肢に入っていました。即尺に大きくマルをつけて、待合室外で待っている店員氏に渡します。

 しばらく待っているとお呼びがかかりました。ちょっと時間かかりました。このグループはお呼びがかかるときに女の子が待合室入り口のカーテンの向こう側で待っていて、店員がカーテンを開けて「ご対面」となります。フリーのお客であれば、ここでどんな女の子が待っているか一番ドキドキする瞬間です。今回は奥様系のお店なので熟女であることは決まっていますが、このグループの熟女姫さんたちはみんなきれいなので安心です。しかもみんなサービスよいので、なお安心です。今回ももちろんキレイな人でした。そのまま歩いてプレイルームに向かいますが、その前にドリンクのサービスがあります。4種類くらいの中からドリンクを選んで、プレイルームに持っていきます。

 プレイルームは、3畳ほどであまり広くはありません。クラーク夫人は奥様系イメクラなので、プレイルームは広く取ってあるのですが、こちらは普通のヘルスなので、部屋数を確保するためにも1部屋はあまり広くないようです。部屋にそのままシャワー室が付いています。昔の歌舞伎町のヘルスなんかは、シャワー室が別にあるようなつくりが殆どだったので、シャワー室待ちなどの無駄な時間が結構あってめんどくさかったものですが、ここではそんな心配ご無用です。

 〜いきなりプレイ開始〜
 ベッドに腰掛けて、改めての挨拶をしたあと、いきなり熱い抱擁をされました。そのままディープキスがはいり、身体が離れると姫が私の下半身を脱がしにかかります。本当に即尺なのか?と思っていると、本当に即尺でした。これには驚きました。それほどしっかりと即尺をしていたわけではありませんが、即尺であることは間違いありません。凄いです。凄すぎです。

 そのあとシャワー室で身体を洗ってもらいます。ここでもシャワー室プレイが入りました。膝をついてフェラをしてもらい、ちょっと素股めいた事もありました。シャワー室を出て、今度こそベッドでのプレイです。ベッドではまず仰向けに寝て、全身リップからフェラ、素股へと流れていきます。早速素股へ…となるときに、彼女から提案が。

 姫「私、○○なんだけど素股する?」

 驚きですが、彼女はとある特殊技術をお持ちなようで、素股をするとそれが発揮されるようです。詳しくは言えませんが、すんごいです。

 そのまま彼女の愛液にまみれて発射となりました。いや〜滝が流れるようでした。

 終わった後、傷を見て「まあ大変!手当てしなきゃ」とマキロンやらバンソウコウやらを持ってきてくれて甲斐甲斐しく手当てしてくれました。非常に嬉しかったです。

 満ち足りた気分になりながら、評価です

お店の評価(100点満点評価)
お得感(値段):95点、非常にお安いです。通常価格でも安いです。
内装感(内装):85点、部屋が若干狭いような気がする以外は、もう最高です。
店員接客(店員):90点、航空券割引にも笑顔で対応してくれました。

女の子の評価
ビジュアル(容姿):80点、若い娘ではないので肌のハリなどは望めませんが、十分きれいです。
トーク・イチャイチャ(接客):90点、マニュアルにあるようですが、それでも部屋に入ってすぐのイチャイチャプレイは感激です。
テクニック(技術):83点、技術点は特別すごい事はありませんが、特殊技術が凄かった…。

 総合評価:90点
 もう文句なしです。願わくば、こういうお店が首都圏にもあってほしい。いつも40分午前中の最安値で入るのですが、たまには50分、60分でゆっくりプレイするのもいいかなと思いました。とにかくハズレが殆どない初心者にも安心できるお店です。入り口も明るく入りやすく、待合室も広々していて清潔です。奥様系のお店なので若い娘がいないところが好みが分かれるところですが、ちょっとでも興味があれば是非いってみたいお店です。

 以上、呼塚レポ「みんなが西へ行くのなら、ヨバティは北へ」編その1をお送りしました

 茨城支部長 呼塚の男 (H18.12.08)

トップページへ

総務部から補足事項
本レポートの寄稿者,呼塚の男氏が運営しているサイト「続,呼塚の男オフィシャルサイト」も是非お立ち寄り下さい。

調査部から補足事項
本店舗は他に, ぽん太氏(H15.09.21), 山チャン氏(H16.01.20), カリオカ氏(H18.08.06), かんち氏(H18.08.13)(H18.08.21) がレポートしております。


〜©日本ピンサロ研究会〜