〜日本ピンサロ研究会〜

韓国エステ「キャララ」(渋谷)

by 呼塚の男氏


 こんにちは、呼塚の男です

 最近連続投稿のおかげで、私の知名度は上昇しているようです。ただし東京北部調査区のレポが少ないような気がしてなりません。本来は多くのレポがあがってしかりなのに、あまり見かけないのはどうしたものでしょう?景気対策の影響が殆ど出ていない影響がここにも現れたのでしょうか?影響の影響なんて訳わかりませんね。

 本日のレポは残念ながら東京北部調査区ではございません。東京中央調査区です。東京の三大性都、池袋・新宿・渋谷の三拠点がすっぽり入る東京中央調査区ですから、一番にぎわっているはずの土地です。しかしながらにぎわってない!歯痒い〜!
 こうなったら私一人でも頑張って賑わいを取り戻します!一時期のカラメ氏による「壊れたメリーゴーラウンド」の再現は到底出来ませんが、ちくちくちまちま性都東京で活動していきます。

 このときはそんな活動の一環である「渋谷地区の割チケショップの現況レポ」の作成の為に渋谷地区を歩き回っていた時でした。本当はこの後歌舞伎町の「サンキュウ8」に行きたかったのですが…そういえばこの「サンキュウ8」は私が何度か言及していますが、それ以前から某巨大掲示板群”1と3の間ちゃんねる”には専用スレさえ出来ているにも関らず、当会ではなぜか未レポ店となっています。他に「ゴールドサンキュー」「ハニー&バニー」も未レポ状態で、初期の私からしたら、日ピン研でレポ化されていない激安系は、それこそ伏魔殿なのではないかと勘繰ったほどです。
 実際に調査してみて、まったく問題が無かったばかりか、非常にいい思い(名古屋系のように嫌な思いも無く、姫もきれいではなくても技術が良かった)をさせてもらったのですから、会員、非会員の皆様も是非調査して欲しいなあと思う次第です。

 そうそれで、とにかくさっさと資料である割チケを頂いて、山手線に乗り込もうと思っていたところ、センター街端の古本屋対面の「ピンサロ店のある雑居ビル」に入ってみたのが運の尽きでした。
 入ってみると、そこは渋谷の割チケショップでは有名な「ペペロン」のあるビルであり、またなぜか高級なピンサロ店(7000円もする!)もあるビルでもあったのですが、同時に韓国エステもある「風俗ビル」だったのでした。「奥様は魔女だったのでした?!」なんて…

 ビルに入ったら、外で呼び込みしていた謎の「片言日本語の女性」が入ってきて、エレベータホールで看板を見ていた私に話し掛けてきました。これはまずいいい!また「ピース」の二の舞になってしまううう!思ったのですが、「1万円ポッキリネ」との言葉と「ミルだけでもイイカラ」との言葉に観念し、では見るだけねとエレベータに乗り込みました。

 問題の韓国エステ「キャララ」はこのビルの中の6階だか7階だかにあります。外が見えないので目隠しされてきたら何階かもわかりません。ちなみに、今わからないのはただ私が何階だったか忘れただけです。アホです…。
 そんな訳で、何階かもわからないままにつれてこられた雑居ビルの一室。怖いです。「不夜城」も真っ青です。東京の闇に葬られてしまうのか?ああ…不肖の息子をお許しください。もし私がいなくなったらHPにて「管理人は旅立った」と書いてください。なんて…

 それは悪い冗談として、葬られないまでもぼったくりの可能性はある危険な状態の中、つれてきた女性とは別に、いかにも店長と言った感じの女性店員が登場し、しきりに「○○出来るよ」「一万円だよ」と少しなまりのある日本語。話によると、ここはNKエステ(昨今では殆どの風俗エステがNKもどきですが)であり、時間は30分で料金は1万円との事。オールタイム同額かどうかはわかりません。

 本当は新宿で6000円安いヘルスに行こうとしていたのですが、時間も遅くなってしまい、断るのも面倒だったので、ここは渋谷2回目としてここにしてしまおうと、そんな感じで決めてしまいました。
 またここでは写真指名に加え、顔見せ指名もさせてもらいました。写真はアルバムに4,5枚(つまり4,5人しかいない)貼ってあって、「今お相手できるのはこの二人ね」で「この子はオススメよ。24歳ね」そんな感じで「じゃあ本人を見てみる?」と頼みもしないのに連れてきてもらい、一瞬だけ本人の登場。

 確かに24歳でかなりの美形であり、いかにもオリエンタルな美人でした。  ここまでされて断ったらそれこそ命の危険が?!と思ったので、じゃあということで一万円を支払い、サービスを受けることにしました。

 まず個室に通され、個室には診察台のような台が置いてあり、それに寝そべってサービスを受けると、そんなことはわかりきっているので、気にしないで服を脱ぎ、全裸になったら姫も全裸になり、シャワー室へ。シャワー室はなぜか2畳ほどの広さがあり、しかし床が「大昔の海辺の民宿の風呂場」のように砂利を敷き詰めてセメントで固めたような、訳のわからない手抜き工事のような、逆に演出?とも思わせるような(演出説は絶望的)不思議なシャワー室でした。ここではボディーソープやグリンスを使って軽く洗い、イソジンうがいもして、まあ普通に出てきました。

 個室に戻り、先ずは”診察台”に仰向けに寝そべるよう指示を受けました。エステでいきなり仰向けですか。エステは大体がうつ伏せから入るのですが、仰向けから入るのは珍しいですね。さっさと済ませてしまおうという魂胆が見え見えですが。

 まずゴムをかぶせて、微妙なフェラ、このフェラ加減では1時間咥えられても発射はしないでしょう。しかし生フェラって言ってナカッタカナア?店長らしきなおばちゃんが。まあいいか、それフェラもそこそこにいきなりNKのスタートです。先ずは騎上位から。騎上位もそこそこに正常位へ、しかしなんだか物凄いよがり方ですが、大丈夫?

 韓国姫の「気持ちイイ!アア〜オッキイ!ウウ〜」なんて唸りにも似た危険なよがり声を聞きながら、今までの私にはありえないくらいの短期決戦で勝負がつきました。

 終わった後はそそくさとシャワーを浴び、戻ってくると、まだ時間があるからとマッサージしてもらいました。まあまあ良かったですね。

 そんな訳で、渋谷の”不夜城”な店での一時の出来事…の評価です。

料金:★★☆☆☆値段と時間、サービスの質など加味してみると、少し割高かなあ…ちょんの間と思えばいいか?
店員:★★☆☆☆呼び込みで連れ込むのは好きじゃありません。自信があるなら看板だけで客を呼び込みましょう。
部屋等:★★☆☆☆部屋は狭く、シャワー室は広いけど砂利だし…。
女の子:★★★★☆姫のビジュアルは★5つレベル。それ以外は微妙でしたが…。
サービス:★★☆☆☆サービスは、韓国エステとしては今までの良さからしたら…。しかしこんなものか。

 実のところ、私がこの店を「韓国エステ」と気がついたのは、姫に「あなたはどこの人なんですか?」と聞いた時に、韓国人と答えたからなんですね。それまでは中国人で、中国エステだとばかり思っていました。終わった後に、店長に名刺を貰い、店を出たときに入り口のドアをみたら、なぜか別の店の表示が…?これはカモフラージュか?それとも昔の店の名前なのか?いちいち謎が多かったですが、一万円以上は請求してはこなかったし、これでよかったのでしょう。

 茨城支部長 呼塚の男 (H16.01.29)

トップページへ

〜日本ピンサロ研究会〜