〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「奥サマンサ」(すすきの)

by すすきの研修生氏


 すすきの万歳!すすきの研修生です。
 さぁ、たまには、似たような年齢の女子ではなく、熟女と戯れようと考えました。決して、バイト先のキレイな主婦にムラムラしたから人妻店へ行ったわけではありません!

■日時 平成21年1月某日
■店名 奥サマンサ
■業種 ヘルス
■案内 PC:http://www.yesgrp.com/sapporo/
    携帯:http://www.yesgrp.com/sapporo/i/
■料金 50分コース11K−スタンプ割引0.5K=10.5K

 さて、またハレ系です。この時期はハレ系がすべてだと思っておりました。笑
 先輩がハレ系しかオススメしなかったからかもしれません。でも、この後、プリンセス、イエスと札幌の多くのヘルスに進出することになります。

 まず、メイトビルの地下1階へ行きます。初の人妻店だけにドッキドッキのボッキボッキです。
 なぜこのお店を選んだかと言えば、「即尺」という魅力的なものが無料にて振舞われているからです。小生、このお店にて初即尺を経験してやろうと企んだわけです!!グヘヘ!!

 受付にてハレ系の体育会系な元気な挨拶でお出迎えです。うん。元気!なんか、いっぱい嬢殿が出勤しております!どうやら、選び放題みたいです。このときは、10名ほどおりました。選ぶといっても、そこまで時間もなかったので、待ち時間のない嬢がいいなと思い、フリーにて突撃です!!

 待合室は、ハレ系標準の病院タイプの待合室。キャパは10人いけるかいけないかくらいです。

 待合室にて、アンケートを記入、その後、トイレで備え付けのウェットティッシュにてすすきの研修生2号をフキフキします!!失礼がないように!エチケットですね!マナーを守れば楽しく遊べる!!

 10分待ってないですね、フキフキしてる途中に店員氏よりお呼ばれとなりました。

 おぅ。おっ。友達の母さんみたい。笑

 ずいぶん奥の部屋に案内されます。奥サマンサだけに!!とか言って…笑
 部屋にてお互いに自己紹介。こっちが学生だと述べると、すごい「かわいい!若い!」を連呼されます。なるほど。年上の女性はこのようなテンションで小生に接するのか。とても社会勉強になります。笑
 では、さっそくジーパンを脱がされ、パンツをおろされ、すすきの研修生2号をナメナメされます。
 おーっ…こ、これが即尺かぁ…キモティー。笑 なまら、ナメナメされます。だんだん申し訳なくなってきました。笑
 そろそろシャワーかなという雰囲気でしたので、シャワーへと向かいます。やっぱり、年上の女性ですので、小生にちょっかいをかけてきます。すすきの研修生2号を中心にツンツン、シコシコ。楽しいシャワータイムでした。笑

 その後、ベッドへ向かいます。全身Rの後、アンケートにて好きなサービスにFを○つけていたので、なまらFを重点的にされます。一応、FKもありますが、お遊び程度で、あとはずっっっと、お口にてF。
1回目発射。
「まだ、いけるね?若いし!!」
え?マジで!?笑 嬢殿の重点的なナメナメにより、すすきの研修生2号は復活を遂げ、2回目発射と相成りました。
 その後、嬢殿の息子さんのお話になり、インフルエンザには気をつけようということで互いに納得しました。笑

■評価(5段階)■


■嬢       ★★★★☆ 一瞬、友人の母かと思いました。笑
■サービス ★★★☆☆ 一つ一つは濃いのですが、数多くは体験できず。
■テク   ★★★★★ 濃い!!
■雰囲気   ★★★★☆ なんか、風俗嬢とぼく。って感じでした。笑
■待合室   ★★★★☆ ハレ系標準。
■店員   ★★★★☆ 体育会系。
■ハコ   ★★★☆☆ The 殺風景
■価格   ★★★★☆ すすきの標準。
■総合   ★★★★☆ 熟女もあなどれん!!
■コメント■
 若いお客さんがあまり来ないらしく、嬢殿はすごいウキウキした感じでした。笑 こちらとしても、そこまでウキウキされると嬉しいものです。
 今まで若い嬢がいる店ばかりを突撃していましたが、たまには熟女もいいかなと思えました。でも、小生のスタンダードな風俗スタイルとしては若い嬢ですね。笑

 No スケベ No Life. すすきの研修生でした。

 北海道支部 石狩方面機動隊 先任隊員 すすきの研修生 (H22.06.04)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, ぽん太氏(H15.09.21), 山チャン氏(H16.01.20), カリオカ氏(H18.08.06), かんち氏(H18.08.13)(H18.08.21), 呼塚の男氏(H18.12.08), 恵比寿らべる氏(H20.07.13), テック氏(H22.01.25), 田村麻呂氏(H22.03.24) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜