〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「奥サマンサ」(すすきの)

by 田村麻呂氏


 初めまして東北6県で主に活動している青森の非会員「田村麻呂」と申します。諸先輩方のレポートをいつも拝見し出張の度に参考にさせてもらっている青森の田舎者です。  今回は滅多に無い3泊4日の札幌出張ということで是非すすきのの風俗店で遊びたいと思っており、その時のことをレポさせていただきます。

 じつは1日目に取引先のM氏と共にヘルスに突入し,先輩方のレポで勉強しているにもかかわらず2人とも地雷だった為、2日目はどうしても失敗できないと思い、ハズレは無いであろうと思われるハレ系の店に狙いを定めます。

 まずは電話ですぐに入れるかを確認したところ「今ですと待ち時間なしで入れます。」と好感がもてる言い方で案内され、また青森の田舎者なので場所が解らず場所を尋ねると,これも非常に丁寧に解り易く説明してくれます。さすがに教育が行き届いているなと感心。そして着いた所は・・・・・

店名:「奥サマンサ」
業種:ヘルス
日時:平成22年2月下旬
HP:http://www.sp-saman.com/
住所:札幌市中央区南6条5丁目 メイトビルB1
電話:011-518-5688
料金:基本14,000円+指名料1,000円−割引1,000円=14,000円

 小生,前日に若い子で失敗しているので今回は3?才のA嬢を指名です、イベントを開催しており受付の男性スタッフとジャンケンをするとパンツやストッキングが貰え、それを持って女の子とイチャイチャ出来るとのことですが、小生は早く恋人に会いたいのであっさりスルー。

 事前アンケートを記入し案内されたA嬢はおっとり系で可もなく不可もなく、スタイルもバツグンとまではいきませんが問題なし。
 部屋に入るなりウエルカムちゅーです、つい抱きしめてしまいました。やっぱりこうじゃ無いとっ!。
 服を脱がされます、セルフで脱いだのは靴とネクタイだけあとは全部A嬢が脱がしてくれます、ベットに座らされ即尺「え〜、良いの〜」(後で解りましたがこの店は即尺が売りになってました。)
 半立ちち○このままシャワーです、お互いピカピカのカラダになりベットイ〜ン!
 第1ラウンドA嬢の攻撃から、まずは小生が下になりカラダの隅から隅まで舐められます足の指一本一本まで舐められます。フェラも上手い、小生も軽いジャブで反撃しますその都度良い反応が返ってきます、今度は小生が上になりお返しに舐めまわします、そしていよいよ「戦隊クンニマン」に変身する時間です、「へ〜んし〜ん!」クンニマンになった小生はA嬢のワレメちゃんを優しく激しく攻撃します、A嬢の反応もだんだん激しくなって(演技かな?)おつゆもトロ〜リ、再度クンニマンが下になり69での激しい攻防戦です、部屋はジュルジュル音とA嬢のエロ声のサラウンド、視覚/聴覚/味覚/嗅覚/触覚まさに五感でエロスを堪能しついにA嬢のお口に発射です。

 ローションやらおつゆやら唾液やらでお互いグチョグチョになった口の周りをきれいに拭いて少しの間おしゃべりです。

 若い子で失敗した話や、美味しい居酒屋等の話をしながら時間が足りないと思いつつも2ラウンド目に突入です、しかし「戦隊クンニマン」から仮の姿に戻った小生のち○こは二度と怒る雰囲気がありません、A嬢はいろんな技を駆使して頑張ってくれましたがちょうどタイマーが鳴りシャワーで終了です。


【評価】
女の子 ★★★☆☆ 可もなく不可もなく。若い子でなきゃ駄目な人は避けたほうが良い。
テク  ★★★☆☆ 十分満足できる内容だと思う。(個人差はあるだろうが)
店員  ★★★★★ 元気あり、清潔感あり、親切・丁寧、好印象問題なし。
部屋  ★★★☆☆ 嬢はかなり古いと言ってましたが、他と比べても綺麗な方。
料金  ★★★☆☆ 妥当な金額
総評  ★★★★☆ ハレ系の安全率を考慮すると大きな失敗はないものと思われる。
         どこにしようか迷っている時など良いのではないか。
【後記】
 3月に改装するようで少しの間休むそうです。A嬢に「新しくなったらまた来てね。」と言われたがそんなに自由に遊べるお金は小生持っておりません、お金ちゃんができたらまた行きたいと思います。

 ちなみに1日目共に地雷を踏んだ取引先M氏はハコよりデリのほうが良いということで宿泊先で満喫したそうです、めでたしめでたし。

 乱文・駄文にお付き合いありがとうございました。青森のクンニ大好き 田村麻呂でした。

 (H22.03.24)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, ぽん太氏(H15.09.21), 山チャン氏(H16.01.20), カリオカ氏(H18.08.06), かんち氏(H18.08.13)(H18.08.21), 呼塚の男氏(H18.12.08), 恵比寿らべる氏(H20.07.13), テック氏(H22.01.25) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜