〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル「鶯谷おかあさん」(鶯谷)

by ポンティ氏


 雨上がりの夕刻、鶯谷駅前の銀行前・・・・。声をかけられ振り返ると、スカパーの画面越しによく見た女性が微笑みながら立っていました。

 こんにちは、ポンティです。用事があって東上しました。日ピン調査員になって初めての東京だし、私用だけで帰るのはもったいないというながれから、ポンティには珍しくデリヘルを頼んでみることにしました。

業種:待ち合わせ型ヘルス
店名:鶯谷おかあさん
場所:鶯谷
HP:http://www.okasan-u.biz/
携帯:http://www.okasan-u.biz/i/
TEL:03-6240-6503
時間:9:00〜23:00
料金:
 60分¥10000
 90分¥15000
 120分¥20000 他オプションありHP参照
今回料金:
 90分コース(時間延長サービス期間+30分で120分)¥15000
 オプション¥11000+ホテル代¥4000 トータル¥30000

 数回、東京には来ていましたが初ソープ以前のことだったので,吉原や東京風俗なんて関係ないやと思っていました。
 しかし今回は違います、事前に下調べの上、東京入りしました。折角だしAV女優のいるお店をのぞいてみようと思いましたが,東上日に休みだったり、知名度の割りに高額だったりで半分あきらめかけていたところ、このお店のHPが目に留まりました。
 うたい文句に「現役AV嬢」とあり、ピックアップすると近親相姦ものによく出演している熟女AV女優だとわかりました。私も垂れ流し状態のスカパーAVでよく見ていて、濃厚なキスが印象的だと思っていました。
 システムを見ても割安だし、毎回熟女というのは参りますが,たまにスパイスを効かすにはいいだろうと、それにレポネタにもいいかもと思いました。

 3日前から予約できるのですが、ポンティは吉原の予約も含め前日まで検索していて、少々めんどくさくなっていたので,当日予約が取れればいいやという気持ちでした。
 で、茅場町のホテルに前線をはり(用事と入谷への日比谷線が便利で)TELしてみました。
 男性スタッフの丁寧な応対振りは良かったです、名乗りもありました。TELの向こうでは女性が接客している声も聞こえて忙しそうでした。
 無事に「現役AV嬢」の予約が取れて、鶯谷の北口からTELくださいということなので向かうことにしました。

 東京での距離感がまったくわからず、上野で山手線に乗り換えたりしたのですが、意外に早く着いたなという感じでした。
 指示どおり北口からTELすると、近くにある銀行の前で待っていてくださいということなので待ちます。土曜の6時なので帰宅する人が多い中、15分経過後、後方から声がかかりました。

「ポンティさん?・・・・、初めまして〇〇です。」

画面越しに見ていたまんまの熟女でした。上品に会話されます。綺麗な方なのですが、ポンティの気分に抑揚はなかったです。淡々と熟女AV嬢なんだなあという感じでした。
 何も食べていないというし、時間も長いのでホテル街に入る細い路地の入り口にオリジン弁当があったので購入して,手をつながれて路地を入り、すぐ角を曲がって神社の向かいの玄関に水槽があるホテルに入りました。
 途中、A嬢からオプションの提示があり,少し迷いましたがホテル代込みでいいというので、遠方に来た旅行気分もあり呑みましたが、冷静に考えるとお高い買い物だったと思います。

 ホテルの部屋は古いですが中級な感じで居心地は悪くないです。お店への連絡を済ませるとテーブル席に座って雑談しますがA嬢は弁当には手をつけません。「お茶入れましょうか?」などの気配りはあり、上品な感じでしゃべります。
 まあ、月並みに業界のことなどを聞いてみますが、事細かにめんどくさがらず丁寧に答えてくれるのには、ミーハーポンティとしては好感が持てました。
 今は以前ほど出演依頼がなく事務所から海外版への出演を打診されたそうです。依頼があるときは、突然「今度の〇曜どう?」とTELがあるとのことです。会話の成り行きから前職のアナウンスをフルにされたときは少々戸惑い引いてしまいましたが・・・・。
 A嬢は収入よりも出費のほうが多いらしく、しきりに貧ボーだと。貧ボー事情も事細かに教えてくれましたが、話半分に聞いておきます。

 会話も尽きてきたのでプレイに入りますが、ここで料金を支払いました。ベッドに腰掛けると、キスの後ゆっくりと服を脱がされてゆき上目遣いに即フェラを丁寧にじっくりといやらしくされました。
 ここは近親相姦ものの画面越しに見たまんまで気分が向上していきます。A嬢の服を脱がしますがその間も咥えられたままでした。お歳なみの体をされていましたが、画面越しに見ていたこともあって既視感みたいなものがあり、残念感とかは感じませんでした。  ディープキスはそのまんまに濃厚にされました。雰囲気はセレブ奥様とイチャイチャしている感じです。そしてお風呂に向かいます。
 立ったまま愚息を軽く洗われて混浴です。いきなり乗りかかってきてディープキスや愛撫をAVなみにされました。ここまで若い女優さんなら最高なのにとは若干思いましたが,充分、熟女を堪能しています、小倉での熟女体験とは大違いです。

 お風呂の後はベッドに移り、攻めてもらいます。
 上から下まで丹念に愛撫されて、愚息も激しくいきり立つぐらいに感じています。攻守交替して責めますが、鳴きも本気で感じていただいたようでした。こういうケースではお芝居か本気かという疑問がわきますが全然気にならなかったです。オプションなども絡めて最終的に正常位でフィニッシュとなりました。

 気遣いのいい奥様でピロートーク中もまったりと過ごせました。その間も愚息から手が離れることはなかったです。
 やがてポンティJrが2回戦を要望したので、快諾してもらい,1回戦よりも濃厚なプレイとなり、多大なマンゾク感の後終了となりました。

 またお風呂で軽く洗ってもらい混浴するのですが,まだまだいけそうなぐらい貪欲に攻めてこられました。ま、TIME UPなのでそこからは進展はしませんでしたが・・・。

 アシストはなかったですが服を着てホテルを後にしました。手を繋いで軽く鶯谷のことを話しながらオリジン弁当の角でお別れしました。しばらく歩いてポンティが振り返ったら、まだ見送っていてくれました。

店員:丁寧な電話接客でした。

店:新宿店、池袋店、おねえさんもあるようです。

嬢:気取りはまったくなく、普段の上品な振る舞いはセレブという感じでした。が、ちょっとした事実に直面し,何気にさびしかったし引いてしまいました。AVでは稼げないのか・・・。ピンからキリまでとは知っていますが何か現実を見たようで悲しかったです。

 参考までに、新宿店にはちょっと前までよく見かけた熟女AV嬢が在籍しています、出勤は不定期のようですが・・・。

 大阪支部 大阪機動調査隊 先任隊員 ポンティ (H23.11.04)

トップページへ

〜©日本ピンサロ研究会〜