〜©日本ピンサロ研究会〜

デリヘル繚乱」(盛岡)

by 黒川洋介氏


 こんにちは。
 三陸訪問・盛岡懇親会に参加しました。
 初めに、会の本題であるお遊びを報告します。

報告対象
・日時:2016年7月某日
・業種:デリヘル
・店名:繚乱(りょうらん)
PCページ
スマホページ
・電話:090-8256-8739
・時間:70分
・支払:15,000円(指名料メルマガ会員)
・ビジネスホテルを利用

遊んだ結果 ★が得点

【お店】★★★★★
 落ち着いた丁寧な声色の男性が電話受付でした。風俗店の受付とは思えない対応です。指名したい女の子を指定時間に呼べるか確認すると、プレイ時間を確認され料金を伝えてきました。また、お客様都合でキャンセルすると、キャンセル料が掛かりますがよろしいですか、とキチンと確認を取られました。
 ホームページに記載のある会員価格は、メルマガ登録した場合に適応されるとのこと。今回宿泊したホテルでは、フロントで女の子が止められるので、ホテルの外まで迎えに来て欲しいと言われました。

 予定時間より少し遅れて、運転手と思われる男性より、ホテルに着いた旨の電話があり、外まで迎えに行きます。キョロキョロすると女に子を呼びますと、若い男性が声を掛けて来ました。

【女の子オキニ度】★★★★☆
 出勤している嬢の中で、巨乳系はベリンダ指数的に厳しそうだったので、広島のお店で意外に良い感じだったスペックの子と似た体型の女の子を選びました。小柄でスレンダーですが、胸はそれなりに存在を主張しており、揉みがいがありました。
 ちょっとパネル選択時の基準を見直そうかと考えています。

 特筆すべきは、薄めのヘアーから続く女の子の作りと色合いです。それなりに多くの女の子の部分を眺めてきましたが、ココの形がこんなに綺麗な成人女性は初めてです。お顔は普通なのですが。。。。
 ただ残念ながら、フェラにしても素股にしても、手抜きと言われても仕方が無いレベルでしたので、プレイでの満足感はあまりなかったのですが、クンニにしろ69にしろ女の子の部分を美味しく堪能できたのは僥倖でした。
 裏を返すほどではありませんが、また舐めて拝んでみたいとは思います。

【総評】★★★★☆ moderate
 先にも書きましたが、電話受付の対応は丁寧であり、デリヘル初心者にも敷居が低いお店だと思います。
 盛岡市内には、箱ヘル店が無いようですので、自ずとデリヘルが選択肢だと思います。数店舗あるピンサロや唯一のソープが競合となりますが、やはり旅行者や出張者には、使いやすいデリヘルの存在はありがたいのだなと思わせてくれるお店でした。


 と言うことで、本来の目的である三陸訪問の話です。
 会社では三現主義を大事にと言われますが、ニュースではほとんど取り上げられなくなった三陸海岸地域の復興は、5年経った今でも進まないのだなと貴重な知見を得ることができました。

 初めて参加した今回の目的地は、三陸海岸の地形が大きく変わる宮古市の直ぐ南に位置する山田町(やまだまち)です。山田町は、地震より津波で、人口の約4.5%に当たる800人以上の死者・行方不明者が出ています。
 国道から見える湾側には、聳え立つ様に防潮堤が建築されつつあります。この防潮堤は、極論を言えば津波を防ぐのではなく逃げる時間を稼ぐためだと、震災後初めて知りました。
 防潮堤から少しばかり内陸に入った所では、未だにプレハブ仮設のままの復興仮設商店の様子を眺めることができ、復興がまだまだであるのを実感できました。

 とある方に聞いた話によると、三陸海岸に沿って存在する縄文時代の遺跡は、今回の津波到達地点より陸側に存在し全て被害を受けていないそうです。
 それが何を意味しているかは分かりませんが、何百年単位で起こる自然災害を考えると、海岸近くに住むなら縄文遺跡より陸側が良いのかも知れませんね。

 詳細は会務報告に譲るとして、訪問した山田町の復興の現状を知るとともに、「釜揚げ屋」で「チーズ焼きカレー+芋揚げうどん」の他に「山田せんべいソフト」や「山田揚げせんべい」も食し、地産地消を堪能することができました。さらに、盛岡に戻って懇親会では、海の幸もお酒も、種類も量もふんだんで、心もお腹も幸せ一杯に膨れました。

 私自身の自己満足で復興に貢献する訳でもないのですが、この様に肌に触れる機会は、自分の感性を磨くためにも今後も大事にしたいと思います。企画を続けられている会長をリスペクトするとともに、主務の勝太郎さん、現地アテンドのアーロンさん、大変お世話になりました。

 以上、乱文で申し訳ありませんが報告致します。
 Satisfaction depends upon ourselves.

 事務局長 黒川洋介 (H28.09.24)
トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, 風船工場長氏(H28.07.18) がレポートしております。

〜©日本ピンサロ研究会〜