〜©日本ピンサロ研究会〜

ヘルス「秘花 神戸三宮店」(三宮)Ver.2

by アローゼン氏


 アローゼンです。今回は三宮に足を運んだ際のレポートです。

 とある休日、時間ができたので、関東時代からの行きつけの某ラーメン屋に行こうと思い立ち、三宮に向かいました。
 年末年始が休みなしだったため、初詣をしていないことに気づき、生田神社で遅い初詣を済ませます。そのついでに東門街を散歩していると、そのままこちらの店に足が向いてしまいました(笑)。

〈日時〉1月中旬・昼下がり
〈場所〉三宮
〈店名〉秘花・神戸三宮店
〈業種〉ホテヘル
〈時間・価格〉75分・16k+指名料+ホテル代
〈HP〉http://himecakobe.com/

 定番嬢が辞めてからすっかり足が遠のいていた店ですが、何となく調査をしたくなりました。
 受付は以前とあまり変わらず、やん猫系列の中では落ち着いた感じで、大阪地区とは雰囲気が異なります。
 相変わらずなのは、不明朗な料金体系です。文中ではホムペの料金を載せていますが、実際は「消費税」などの加算があったことを加えておきます。

 今回は指名した嬢が同伴NGだったため、先に指定ホテルに入る形になりました。どうも、嬢によって同伴があったりなかったりするようです。
 三宮のラブホ街は山手幹線の向かいに数軒ありますが、あまり綺麗なホテルはありません。今回利用したホテルも、最小限の設備しかない「ホテヘル仕様」でした。

 ホテルのロビーで待っていると、嬢が入って私に声をかけます。女子大生アイドルとして人気があった頃の高田万由子さんによく似た美人さんです。「お綺麗ですね」・「清潔感がある」と「亜郎褒め」を繰り出すと、高田さん(仮名)は「そんなに褒められたら恥ずかしいです」と言いつつも、喜んでいます。神戸地区の嬢は全体に上品な雰囲気の人が多い印象があります。

 少しばかり世間話をした後、寒かったので一緒に風呂に入ることにします。高田さんは見た目以上にスレンダーで、なかなかの貧乳です。本人も「おっぱいがぺたんこで…」と恥ずかしがっています。私はスレンダー好きなので全く気にならず、「かわいいじゃない。体のラインが綺麗で見惚れたよ」と逆に褒めます。

 風呂から上がった後、ベッドに入ります。高田さんの実力を見ようと思い、先攻をお願いします。
 まだ仕事に慣れていないようですが、丁寧なリップを見せてくれます。人妻店としてはやや物足りない印象ですが、実年齢がまだ若いので、こんなものかな…と言った印象です。
 その後、攻守を交代し、「亜郎舐め・ソフト」でじっくりと攻めます。「貧乳は感度が好い」という日村さんの格言通り、おぱーいを攻めると体をびくつかせます。しかし、その他の部位はくすぐったいようで、笑いだしてしまうため、何となく気分が盛り上がりません。
 しかし、こんなことでへこたれる私ではありません。こうなったら「亜郎舐め」と「ルンバ」のフルコラボを決めてやろうと思い立ち、「亜郎舐め・強」と「ルンバ強め」でお●こを中心に激しく攻めます。高田さんは激しい攻めに全身をけいれんさせながら、「あっ、ダメ。気持ち良い」・「舐めるの上手」と大きな声を上げます。かなりのドMちゃんと読んだ私は、「お●こがこんなに濡れて、エッチなローションがたくさん出ているよ」・「こんなエッチで悪い子だとは思わなかった」と言葉攻めを繰り出します。

 高田さんは顔を覆いながら、「こんなに舐めるからですよ」・「私ばかり気持ち良くなって恥ずかしい」と漏らします。「亜郎+ルンバ」のコラボにギブアップした高田さんは「素股しましょう」と言い、ローションを用意して、騎乗位で純正素股を始めます。あまり上手ではないので、下から亜郎舐めでいたずらします。再び、「亜郎+ルンバ」コラボで攻め立てた後、正常位で純正素股を始めます。「亜郎バイブ」でクリを集中攻撃した後、そのままはっしゃおうらいしました。

 少し時間が余り、ピロートークに入ります。高田さんは「こんなに舐められたのは初めて」・「見た目よりずっとエッチなんだから」と褒めてくれます。これに対し私は「あなたの美しい体は最高の素材だから、じっくり味わったのさ」・「綺麗でこんなにエッチなのは反則だよ」と返します。高田さんは恥ずかしそうに顔を覆いながら、「もう、本当にエッチでいやらしい人」と笑ってくれました。

 高田さんは、帰りはなぜか同伴してくれました。行きつけのラーメン屋の話をすると、その近所に別のおいしいラーメン屋があると教えてくれました。ラーメントークでしばし盛り上がった後、店の前でお別れしました。

 簡単ですが、寸評します。

〈店・店員〉5/10
・接客や応対は大阪の系列店より良いが、システムやイベントの説明がよく分からないまま、結果的にいろいろと加算するため、うさん臭さが残る。
〈ホテル〉5/10
・古い造りで設備も最小限しかないが、値段は大阪より高め。もう少し安くならないかな…。
〈嬢〉8/10
・スレンダーな清楚系の美人さん。攻めは拙いところもあるが、ドMちゃんぶりが素晴らしかった。場数を踏めば、多く指名を取れそう。
〈価格〉5/10
・元々、高めの設定でかつ不明朗な加算がなされる。裏を返すと大衆ソープ並みの値段になる。

 今回の調査はいろいろと不完全燃焼な印象が残りました。ラーメンを食べながら、ふと「数年ぶりにあの場所に行ってみようか」と思い立ちます。続きは次のレポートで。

 駄文ですが、ご精読ありがとうございました。

 会長付属調査隊 西部方面調査隊長 アローゼン (H30.02.07)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, アローゼン氏(H29.01.01), やーずしょっく氏(H29.12.31) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜