〜©日本ピンサロ研究会〜

監査報告
セクキャバ「ファンタジア」(那覇)

by 筒井氏


 皆様こんにちは、筒井と申します。
 今回の調査はコチラ。

【調査ファイル】No.238 「ここセクキャバでしたよね・・・」
【調査店舗】那覇・松山・セクキャバ・「ファンタジア」
【店舗HP】http://52.xmbs.jp/fantasia0619/
【調査日時】平成30年5月夜
【調査金額】40分5,000円

 さて、この日は那覇におりました。
 那覇で当会初の公式合同が開催されることになり、那覇大好きの私としては参加させて頂きました。
 合同調査の懇親会の後で名称不詳店を調査して、ミニクロさんとお別れしてセクキャバに向かいます。昨夜行くつもりだったのですが、途中でゆうすけさんが行方不明になった事もあり行けなかったので訪問しました。
 お店の前の呼び込みは無視して店内に入り、ボウイ氏の上原クンを呼び上記料金を支払います。
 広めの待合室でゆったり泡盛を飲み、私がお呼び出しを受けた瞬間に携帯電話にゆうすけさんから着信がありました。日村さんと二人で近くにいるみたいなので私がお店に誘って合流して、1セット後に一緒に飲む事になりました。

 案内されたのは左側のVIPブースの一番奥まったシートに案内されます。カーテンで半個室みたいな雰囲気です。

「こんばんわ〜Kです」酒焼けした低めの声が響き、推定年齢40オーバーのぽっちゃり系の女性が入って来ました。本来ならチェンジしたい位のビジュアルでしたが、ヘタレの私はサービスに期待してプレイに入ります。

 Kさんは人妻で旦那が単身赴任中という事から週末だけ自分のムラムラを解消する為にお店に入ると豪語します。
 その言葉通りキスはかなり濃厚で、口の中をベロベロと舐めしゃぶられると少しテンションもアップ。「おっぱい舐めて・・・」のリクエストがあり、乳首中心に舐めると「乳首気持ちいい・・・」と感じてます。キスと乳首舐めを交互に繰り返しながらパンツの中に手を入れると、既にビショビショの状態になっていました。
「濡れて気持ち悪いから脱ぐね」と言ってパンツを脱ぐと、私の手を直接アソコに誘導します。この頃になると最初の感情はどこへやら、Kさんの事が可愛く感じる通称「ベリンダ現象」が降臨してきます。
「クンニさせて」とお願いして少し汗臭い匂いのアソコをベロベロと舐めまくると、頭をがっちりホールドされます。指攻めも併用してアナル周辺まで舐めまくると、「そこ駄目・・・」と少し潮を吹かれたようでした。
 すると濡れた目で「素股しよっ」と発言され、私の上で膝ダッコ状態で対面座位の体勢で下半身をスリスリします。そのまま時間いっぱい楽しみ、ボウイ氏の延長要請を断って1セットで退店です。

 お店を出た所で遠征時には何故か異常なペースで調査されていたヤンさんとも合流し、4人で飲みに行きます。
 珍しく今後の当会の事などの少々真面目な話をしていましたが、しだいに酔ったゆうすけさんがペースを乱します。最後はベロベロになったゆうすけさんを外に出し、4人で沖縄そばを食べてから解散となりました。
 その後もすぐ近くのホテルまで歩いて帰ろうとすると、「わいタクシー好きやねん」と駄々をこねるゆうすけさん・・・なんとかゆうすけさんをなだめてホテルまで連れ帰り、入室を確認してからこの日は終了となりました。
 短い時間でしたが不死鳥さんのご苦労が強く偲ばれた事をここに付記させて頂きます。

 そして2時間ほど寝てから、ゆいレールで那覇空港に移動して午前中の便で福岡に戻りました。
 主務の勝太郎さんはじめ那覇合同調査に参加されてお付き合い頂いた皆様、本当にありがとうございました。

 それでは、僭越ですが個人的評価です(5段階評価で5が最高)

【店舗の雰囲気】4(シートの遮蔽率が上がってました)
【スタッフ対応】3(1階の呼び込みは無視して下さい)
【嬢ビジュアル】2(過去のセク史上最高年齢でした)
【嬢のサービス】4(ここセクキャバでしたよね・・・)
【総合的な評価】3(いわゆる鉄板店だと思います)

 以上です、また投稿させて下さい。

 対ボッタ襲撃調査隊長 筒井 (H30.06.24)

トップページへ

調査部から補足事項
本店舗は他に, 筒井氏(H27.07.05)(H28.04.10)(H28.04.17)(H29.04.16), 神戸人1号氏(H27.08.03)(H27.12.06)(H28.03.20)(H28.08.28), ヤン氏(H28.03.13)(H29.07.02), とも氏(H28.03.27), 19の昼氏(H28.04.06), マーシー氏(H28.05.29), 監督氏(H29.07.23), ゴンチ氏(H29.09.10)(H30.01.07), 日村京介氏(H30.06.03), 不死鳥氏(H30.06.19) がレポートしております。
〜©日本ピンサロ研究会〜